元ジャニーズ事務所のアイドルだった諸星和

ジャニーズ事務所のアイドルだった諸星和己(46)が急激に痩せ細ったため心配されている。


諸星は1980年代に大人気になった7人組グループ『光GENJI』の中心メンバーだった。


光GENJIは、SMAPの兄貴分だったグループで、人気が絶頂のときには中居正広(44)もバックで踊っていた。光GENJIは、諸星と人気を二分していた大沢樹生(47)がいた『光』というコンビと、諸星のいる5名の『GENJI』を合体させて作った混成ユニットだった。それゆえトラブルが絶えず、最も人気があったのも1980年代後半から1990年代半ばまでの約7~8年間だけ。最後は続々とメンバーが辞め、空中分解してしまいました」(アイドル評論家)


SMAPの解散は中居と木村拓哉(43)の対立構造があったように、光GENJIでも諸星と大沢の不仲が伝えられていた。1994年には大沢が脱退してジャニーズ事務所を退社。1995年に諸星が脱退するともにグループは解散になり、諸星もジャニーズ事務所を退社した。http://gameport.jp/user/12219/blog/
http://www.mypress.jp/u/etertryhd/



「もともと2つのグループが混成されて結成されたものだったため、諸星と大沢の2名だけでなく、他のメンバーのいさかいも絶えなかった。でも、諸星が辞めた理由はそれだけではなく、事務所の薄給が原因で辞めた。諸星は所属時から『うちは安い』と公言しており、ただ働きみたいだと言っていた」(同)


嘘か本当かは分からないが、諸星は、当時は月給制で手取り15万円だったことを明かしている。…

そして、諸星の毒舌とアイドル性は評価が高い。

「諸星はジャニーズ事務所に所属していたときは文句ばかりで、辞めてからは暴露話をするので人気があった。ジャニーズ事務所との関係悪化を懸念して、普通ならテレビ局も起用しなくなるはずだが、彼には有力者のサポートがあった。単発のトークバラエティー番組にはゲスト出演が多かった」(芸能事務所関係者)


そんな諸星だが、自身のブログで近況を明かした際の画像が波紋を呼んでいる。


「8月7日のブログがあまりに異様でした。1年ぶりのシングルとライブの話が書いてあるのですが、顔が異様に痩せこけている。白いキャップで黄色い蝶が付いた変わったものを被っていますが、顔がげっそりしていて、どこか体が悪いのかと思えるほどです」(ブログライター


http://etertryhd.exblog.jp/
http://i.anisen.tv/etertryhd/
彼の過去のブログは削除されているものが多く、7日の痩せ細った画像がなにを意味しているのかはわからない。


「病気か薬物か……。また、SMAPの解散に関連してジャニーズ事務所のことをしゃべったので、圧力があったとも言われています。目が死んでいるように見える画像だったので尋常ではない様子が窺えます」(同)


ジャニーズ事務所の圧力はまだ続いているのだろうか。